HIROSHI NAKAMURA

生産者の想い、
植物がもつ本来の美しさ、を伝えたい。

京都精華大学芸術学部にてデザインを学ぶ。生花の卸業、市場を経験し日比谷花壇へ入社。生産者の思いや植物本来の美しさを大切にするスタイルは誰よりも強い。花嫁様からの指示も強く、担当するコーディネートは彼にお任せというお客様が多い。陶芸品や骨董品を集めるのが趣味で、将来は思わず入りたくなるびっくり箱のような店を持つのが夢と語る。