NISHIKAWA NAOMI

モダンからナチュラルまで。
植生を活かし花本来の美しさを
引き出したスタイルを提案

【中四国エリア】
トップコメント「モダンからナチュラルまで。植生を活かし花本来の美しさを引き出したスタイルを提案」 広島県出身。その時代やトレンドを表情豊かに表現するスタイルが得意。 自然豊かな環境の中で【花】を生活の中で身近に感じて育ち、花が好きで、モノづくりが得意なことをきっかけに、”好きなことを仕事にしたい”という想いから入社。
フランスやドイツでの海外研修、日本フラワーデザイン大賞の受賞や、ヒューマンアカデミーフラワーコースの講師を務めた経験も。 西河デザイナーの創りあげるお花たちは、植物ひとつひとつへの愛情が溢れ出るような、繊細で美しい表情を魅せる。 「この花が自然のままで美しく見える姿はどこか、その植物の一部を装飾的に切り取った部分はどこか、見て考えるのが好きです。」と、見えない部分こそ拘りをもっていると話す。
花を通して、日本の文化や伝統を海外に向けて発信していくことに興味を持ち、 「古民家で日本文化を体感でき、花のある暮らしやおもてなしの心を感じてもらえる様な施設づくりに今後チャレンジしていきたい」と語る。